そっと悲しみに寄り添うプリザーブドフラワーのペット仏花

New Item

こんにちは、ベルビーの北川です。

2月に入りましたね。

昨年に比べると今年は雪が少なくとても過ごしやすい冬になっていますね。

でも、1月末にとても辛くて残念なことがありました。

実は、我が家の長男犬のりゅうちゃんが1月25日に19年の生涯に幕を下ろしました。

昨年の11月下旬に体調を崩し、犬猫病院に4-5日入院していました。

その後、持ち直し退院し 自宅で年末年始を過ごし、このままなら2月2日の

誕生日までいけそうだねと話していたところ1月25日の夜7時前に

仕事から戻ったところもう逝ってしまっていました。

あと1週間で満19歳になる目前のことでした。

27日にお葬式を行い、昨日が初七日でした。

家族全員 まさに喪中の1週間でした。

りゅうちゃん15歳の誕生日

 

 

最後の半年は足腰が弱り大好きな散歩もままなら無い感じでしたが

昨年の夏ごろまでは 毎日、私と一緒に散歩に行くのが日課で

若い頃は、朝と夕方の2回 散歩していました。

雨の日も風の日も、雪が積もって動くのがやっとの時も

私達には楽しい時間でした。

もっともっと散歩に行ってやればよかったと後悔しますが

もうそんな時間が持てないと思うと本当に残念でなりません。

 

犬や猫を飼っている方なら分かると思いますが

ほんとに我が子同然です。考えようによっては人間以上にかわいいやつなんです。

だって19年間 ずぅ~とかわいい子供のままなんです。

人間なら間違いなく反抗期があったり、いろいろな憎まれ口をたたくはずですが

ペットはいつも従順でかわいいまま生涯を終えていきます。

 

りゅうちゃんが我が家を去ってから一週間が過ぎ、

少しずつ彼のいない生活にも慣れてきています。

今は49日まで、写真とお花と骨壺をリビングに飾っています。

 

いざ、こんなことになると、
どんなお花を飾ってあげたら良いかとても迷いますね。

ベルビーフルールにもペットの仏花用のお花があります。
今日リニューアルで新発売となりましたので、ぜひご覧ください。


プリザーブドフラワー ペット仏花 メモリーwith
¥2,980(税込)

 

最大のおすすめポイントは、犬の形の木製ピックは犬種によって選べます。

あなたのかわいい子の犬種があればよいのですが、ない場合はご相談くださいね。

詳しくはアイテムのページをご覧ください。

 

また最近では、仏花として「ハーバリウム」を飾る方も増えています。

ハーバリウムはこちらから

 

 

あなたのことを大好きだった愛犬のために

ぴったりなイメージのお花を選んであげて下さいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。