敬老の日の由来、ご存知ですか?敬老に人気のプリザーブドフラワーギフト

Staff Blog

こんにちはベルビーの北川です。
8月も終盤を迎えちょっと涼しくなってきましたね。
朝晩涼しくエアコンをつけなくても窓から秋の風が入ってきて本当に心地よいです。

さて、先週の土曜日、ベルビーのある白山市鹿島平地区で「夏まつり」が開催されました。
今年は、開町20周年記念の記念イベントということで例年より多彩な催しものがありました。

15時のオープニングから

・バルーンアートショー
・極真空手演武
・ぶんぶんボウル お笑いトークライブ
・大学生ダンス
・白山市市長や市議など来賓のご挨拶

18時からは
・民謡披露
・地元おじさんバンドの熱演

最後は
・演歌歌手「山本あき」歌謡ショー

20時にフィナーレ

と本当に盛沢山の出し物があり20周年にふさわしいお祭りでした。
地元おじさんバンドの中に、この夏まつり実行委員をされている方が
いらっしゃって その方はMCの中に、
「何かこの町のお役にたちたくて春から準備してきました」
という熱い言葉があり私を含め見ている人達のこころにぐっときた瞬間でした。
「人のために何かをする」言葉でいうのは簡単ですが
行動を起こすのは勇気がいりますし結果を出すのは本当に大変です。
思わず「ありがとう」ってつぶやいた瞬間でした。

このお祭りを成功させるのに
若手・中堅はもとより平寿会(お年寄りの会)の皆さんが
知恵を出し合い協力しあったからこそ
成功したのだと思います。

 

さて、9月に入ると「敬老の日」がやってきますね。
皆さんは、敬老の日についてその由来などを考えたことがありますか?

簡単にいうと
「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」

と1947(昭和22)年兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で当時の村長さんと助役さんが
「としよりの日」と提唱!
1年のうちで気候がよく農閑期にもあたる9月中旬の15日をその日と定め、敬老会が開かれたことが
その始まりと言われています。

つまり、敬老の日は
「お年寄りといっしょにお話をしてコミニュケーションを深める日」
なのではないでしょうか。
日頃、あまり話すことのない「おじいちゃん・おばあちゃん」とゆっくりお話してみてはいかがでしょうか。

敬老の日に「おじいちゃん・おばあちゃん」のお宅にいって話をしてみませんか。
(いけない人は電話でもいいですが)
出来れば、おじいちゃんおばあちゃんが
喜んでくれそうなプレゼントをもっていってあげて下さいね。

 

ベルビーでは、8月9日より 敬老の日特設会場で早期特典で
ご案内しています。今日はこれまでの中での人気のアイテムをご紹介します。

1 プリザーブドフラワー 和笑


プリザーブドフラワー 和笑(なごみえ)
¥4,480 → ¥4,280 送料無料

2. ハーバリウム シーズンボトル


ハーバリウム シーズンズ ボトル
¥2,980  送料無料

3. プリザーブドフラワー 三日月の舞


プリザーブドフラワー三日月の舞
5,980円 送料無料

 

参考にしてくださいね。
それでは

 

 

ベルビーフルールの敬老の日特集はこちらから

 

ベルビーフルールはこちらから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。