お盆前に知っておきたい!仏花のマナー&タブー

Staff Blog

こんにちは ベルビーフルール カサマツです。
7月に入り、スーパーやデパートでは「お中元」コーナーが盛り上がっていますね。
私自身はお中元を贈る習慣はありませんが
お盆の帰省の際に持っていく「手土産」をどうしようかと思い、
ついつい覗いたりカタログをもらったりしてしまいます。

まだまだ先だと思っているお盆ももう来月だと思うと早いですね。
※ベルビーのある石川県白山市は8月がお盆です。

地域によっても違うお盆の時期ですが、今年が初盆だという方もいらっしゃると思います。

今日はお盆前に知っておきたい仏花のマナー&タブーを簡単にご紹介します!

 

 

そもそも仏花って?仏花のマナーは?


仏壇やお墓に飾る花を仏花(ぶっか・ぶつばな)と言います。
仏壇に飾る仏花は、基本的に両脇にある花瓶に左右対称に1束ずつ飾ります。
仏様や御先祖様へ敬愛や尊敬の心を込めて飾るものなので、
心がこもっていれば特にどのような花でも構わないとされています。

 

 

仏花のタブーは?


毒や棘のある花や匂いが強い花は不向きとされており、好まれません。
特にバラの花は仏花に限らず、仏事全般に不向きとされています。
また、傷みやすい花や散りやすい花も避けた方が良いとされています。

ですが、このタブーは「生花」のお話なんです。
なので生花を贈る際には気を付けてください!

ベルビーでは毒なし・棘なし・匂いなし・お手入れ不要・綺麗が長持ちの
「プリザ仏花」「御供えハーバリウム」をご用意しています!

 

 

仏花にプリザって大丈夫?


仏花にプリザって大丈夫なの?と心配になる方もいらっしゃると思います。
仏花=生花 とこだわりがある方もいらっしゃると思います。

ここでポイントはプリザーブドフラワーは、「生花」を加工して作られているということ!

「生花」をお供えする意味は
「儚い命の生花を供えて命を尊び生きていることに感謝をする」
この意味も十分兼ね備えているんです!

なので、プリザーブドフラワーの仏花は
1)生花の意味を持つのでOK
2)お手入れ不要で家族も楽ちん
3)綺麗が長持ちでコスパ◎
と3拍子そろっているんです。

ぜひ一度検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

仏壇もいろいろ、お花もいろいろ


昨今の核家族化、マンション世帯の増加などに伴い、
仏壇が小さめサイズになったり、仏壇を置かないという方もいらっしゃいますよね。
そんな方はマナーでお伝えした「1対」にこだわらず、
飾れるサイズで故人の好きなお花やイメージに合うお花をお供えしてあげてくださいね。
また常にお供えしているのは「プリザーブドフラワー」「ハーバリウム」だけども
周忌法要の場合は生花の御供え花をご用意される方もいらっしゃいますので、
どのようにお供えするのか、自宅用なのか、どうかによってもいろいろ変わってきます。

故人を想って選べば、プリザーブドフラワーでもハーバリウムでも
造花でもいいのではないでしょうか。

 

 

ベルビー 人気の仏花


和風 プリザーブドフラワー 仏花 凛(りん)花器付
¥6,480 (税込)送料無料

 


【ハーバリウム】仏花 はなしずく(2本セット)
¥4,280 (税込)

その他もいろいろ取り揃えておりますので是非チェックしてみてくださいね。

プリザーブドフラワーの仏花はサイズ感を大切に!

 

 

そのほかの 仏花の贈り物はこちら

ベルビーフルールはこちらから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。