お見舞いや退院のお祝いにビタミンカラーの明るく華やかなプリザーブドフラワーアレンジがおすすめ!
お手入れも不要なので安心♪大きすぎない丁度良いサイズが人気です♪




 近年、病院によっては感染やアレルギー予防の観点から、
 生花の持ち込みを禁止しているところが増えているそうです。
 それでも入院や療養中は、外気に触れ季節を肌で感じる機会がない方もいらっしゃるため、
 四季折々その時期に応じた季節感のある花が喜ばれます。 
 そこでおすすめなのはプリザーブドフラワー
 季節の花を使ったアレンジメントはお届け後すぐに飾ることができ、
 水遣りなどの手間がなく手軽
 生花の持ち込みができない病院でもお受け取りいただける場合があります。

 <お花の選び方>
 ずっと病院にいると、どうしても暗い気持ちになってしまいます。
 そのため、「これを見て元気になってね」の思いもこめて
 明るい色のお花を選ぶといいでしょう。
 また、入院している人の好きな花の種類を知っていたらそれを選ぶのもいいですね。


 Q. お見舞いに向いていないお花ってあるの?

 A.あります。お見舞いには向いていないお花もあるので覚えておきましょう。

  菊・小菊 告別式を連想してしまう
  シクラメン →  死・苦などを連想してしまう
  椿 首から落ちるので縁起が悪い
  バラなど赤い花 血を連想してしまう
  鉢植え 根付く
  花瓶の必要な花  お手入れが大変

表示切替: 並び順:
3件中1件~3件を表示
3件中1件~3件を表示

夏季休暇について
営業日13時までのオーダーで即日配送

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

土・日・祝日は定休日となります

ページトップへ