お供えにも ハーバリウム

仏花 ハーバリウム
Staff Blog

こんにちは、ベルビー デザイナーの武田です。
今日も朝から暑いです。30度超えてます。

溶けそうな暑い夏、冷たいお水に入れ替えても
すぐに元気がなくなってしまう生花。
そんな時でもお供えの花は絶やしたくないですよね。
そこで長く楽しめるアートフラワーのハーバリウムをご紹介いたします。

 

意外と知られていないハーバリウムの寿命

ハーバリウム
約 半年~1年、1年~2年など
花材によって異なり、飾っている場所などの環境によっても
楽しめる期間が変わるハーバリウム。
植物標本として自然の色を、そのまま楽しむドライフラワーは
花材としては1番早く痛みます。
紫外線によって色抜けが起こりやすく
直射日光を避けて置いても1年ぐらいでしょうか?

 

生花より長く楽しめるから素敵

これらのドライフラワータイプは
時間が経つと変色し痛んでゆきます。
もう少しもちが良いのが
プリザーブドフラワー、もっと長く楽しめるのは?
アートフラワー(造花)です。
アートだから安価だとは限りませんし
ドライよりも高価で素敵な花材もたくさんあります。
1年という期間はとても短いものです。
もう少し長く楽しみたい、そんな方にお勧めな
アートフラワータイプの「お供え用ハーバリウム」

 

ハーバリウム仏華で偲ぶ

仏花 ハーバリウム
プリザーブドフラワーを使った仏華も
もちが良く重宝されますが、ホコリや湿気によって数ヶ月~
数年で痛んでしまいますね。
LEDのライトなどで
灯篭のように使用できるハーバリウムで、
大切な故人を偲ぶお供え花に。

うっかりお手入れを忘れても大丈夫、
今年はハーバリウムの
仏花で涼やかなお仏壇周りに。。。。
近日発売予定です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。